大人のあせもの防ぎ方

夏の時期は汗をかきやすい状況になることも増え、仕事だけでなく、通勤中や普段の生活でも汗をかきやすくなるものです。
お風呂に入りさっぱり汗を流しても、お風呂に入り体温が上がることからまた汗をかいたりします。
そんな夏の時期のあせもを予防するために、いくつか紹介します。
寝起きは汗をかいて体もベタついていることが多いですね。そんな時は、シャワーを浴び寝汗を流してすっきりしましょう。シャワーも長く浴びるとあせもにもよくないので2~3分くらいで済ませるように熱めのシャワーを浴びることですっきりできます。
また現在は、メントール配合の流すタイプのシャワー剤などがあるのでシャワーの最後に使用してみるのもいいですね。そしてシャワーやお風呂あがりは予防用のローションを使用するようにしましょう。
昼間など、シャワーが出来る状況にない場合は、汗をふきとり肌をサラっとしてくれるペーパーなどもあるので夏は常備しておくのもあせも予防策のひとつです。
夜の入浴はぬるま湯にゆっくりつかり、あせもや肌荒れなどの症状を緩和させる入浴剤やメントール入りで爽快感の得られる入浴剤を使用すると効果的です。

あせもに汗取りパッド

赤ちゃんはとても汗をかきやすいので、こまめに着替えさせることが、あせもをつくらないためにも大切なことになります。しかし赤ちゃんは寝ている間がとてもよく汗をかきます。汗をかくたびに着替えで赤ちゃんを起こしてしまっては、赤ちゃんもお母さんもゆっくりできませんよね。
あせもの予防として赤ちゃんを寝かせる前に、背中と服の間にハンドタオルなどをはさんでおいて、汗をかいたらハンドタオルをひきぬいてあげると赤ちゃんを起こさずにすみます。
また洗濯物を増やしたくないという方には、日本パフ株式会社のベビー雑貨部門のブランドでわんわんベビーの「汗取り背中パッド」が便利です。
昼間遊んでいる時や昼寝などに関わらず、背中と服の間に背中パッドを差し込んでおいて、汗をかいたと思ったら引き抜くだけで、何度も着替えさせたり、寝ている赤ちゃんを起こす必要もなくあせもの予防ができます。
「ガーゼ汗取り背中パッド」1枚入り使い捨てタイプですが、手洗いすれば数回使用できるもので609円です。
「キトサン使い捨て背中パッド」5枚入りで504円があります。
あせも予防として気軽に使用できる汗取り背中パッドで対策するのもいいですね。

あせもとは

子供から大人まで汗をかきやすくなってくると、あせもにかかりやすくなってきますよね。
あせもは、高温多湿の環境で長時間過ごした場合、激しい運動で大量の汗を短時間でかいた場合、発熱性の病気で大量に汗をかいた場合、ギブスをした場合、通気性の悪い衣服を着用した場合などが、原因として発生する事が多く、普段の日常生活で自然にでる汗が原因となるのではないのです。
人間は体温を調節するために、約200万~400万個のエクリン汗腺が皮膚の表面にあり、気温が高い場合や激しい運動などで体温が上がると、皮膚表面にある多くのエクリン汗腺で汗がつくられて、汗管という細い管を通り皮膚の上に汗を出します。
汗の通り道でもある汗管の出口や汗孔がほこりや垢などでふさがれてしまうと、汗管からでるはずの汗は出口がなくなり蒸発できなくなるのです。
このようにほこりや垢などで汗孔がふさがれ、皮膚の中にしみだした汗が行き場がなくなることで炎症を起こしてしまいます。
ですから、あせもの原因は汗を大量にかくこと、汗の出口がふさがれることによるもので、この二つの条件が揃うとあせもとなります。
また現在では、暖房などの影響から夏だけでなく、冬にもあせもを起こすことがあるようです。