ハイドロキノンはシミに良いのかな?

近ごろ、美白の救世主として脚光を浴びているハイドロキノンは、日焼けやシミの原因へと繋がっていく、メラニン色素の生成を抑える効果が絶大だと言われています。

つまり、メラニンの生成を防ぐことができるために、美白やシミへの効果が期待され、美白剤として注目されているのです。

これは実は昔からあるもので、日本でも戦前から戦後しばらくの間、化粧品に配合されていました。

ところがハイドロキノンの副作用で白斑ができるという指摘があったため、昭和32年、当時の厚生省からの通達でハイドロキノンの化粧品への配合を禁止されました。

それ以来、日本では長く使用禁止のような状態が続きました。

これは、もともと皮膚科の医師しか使えない成分でしたので、一部の皮膚科医は、自分でハイドロキノン・クリームを作って、自分の患者だけに処方していて、秘密の美白クリームとして販売。これが大好評だった病院もあるようです。

また、一部では、海外からハイドロキノン・クリームを個人輸入して使用していましたが、今のように簡単に輸入ができる時代ではなかったので、かなり大変な労力を必要としたようです。

もともと、ハイドロキノンは、合成や写真の現像において還元剤として用いられていました。また重合防止剤やその原料、ゴムの酸化防止剤原料、染料の原料、農薬原料等としても使用されています。

最近、ようやく厚生労働省がハイドロキノンの化粧品への配合を認めるようになってきたので、これからは、日本国内でもハイドロキノンが、もっと普及していくことでしょう。

ただし、ハイドロキノンはとても強い薬なので、肌が敏感な人は炎症を起こす可能性があります。

肌が炎症を起こさないためにも、肌の弱い方は事前に医師に相談しましょう。
また、使用中にお肌にトラブルがあった場合も、使用を中止してすぐに医師に相談しましょう。

アンチエイジングで美肌を目指すトワエッセ プレミアムエッセンス