大人のあせもの防ぎ方

夏の時期は汗をかきやすい状況になることも増え、仕事だけでなく、通勤中や普段の生活でも汗をかきやすくなるものです。
お風呂に入りさっぱり汗を流しても、お風呂に入り体温が上がることからまた汗をかいたりします。
そんな夏の時期のあせもを予防するために、いくつか紹介します。
寝起きは汗をかいて体もベタついていることが多いですね。そんな時は、シャワーを浴び寝汗を流してすっきりしましょう。シャワーも長く浴びるとあせもにもよくないので2~3分くらいで済ませるように熱めのシャワーを浴びることですっきりできます。
また現在は、メントール配合の流すタイプのシャワー剤などがあるのでシャワーの最後に使用してみるのもいいですね。そしてシャワーやお風呂あがりは予防用のローションを使用するようにしましょう。
昼間など、シャワーが出来る状況にない場合は、汗をふきとり肌をサラっとしてくれるペーパーなどもあるので夏は常備しておくのもあせも予防策のひとつです。
夜の入浴はぬるま湯にゆっくりつかり、あせもや肌荒れなどの症状を緩和させる入浴剤やメントール入りで爽快感の得られる入浴剤を使用すると効果的です。

乳児のあせもの防ぎ方

乳児は体が小さく表面面積もかなり小さいにも関わらず、大人のエポクリン汗腺の数は大人と変わらないのです。ですから幼児の汗も多量なものになります。その上オムツをしたり、寝ていることも多い乳児は汗をかきやすくオムツなどで蒸れたりしてあせもができやすいのです。
乳児のあせもは冬でも暖房のかけすぎ、着せすぎなどで汗をかきあせもになる事もあるのです。まだ自分で体温調節もうまくできない乳児には、親がきちんと管理して予防してあげなければいけません。
夏は子供にとって快適に過ごせる環境を作ってあげるためにも、エアコンを使用することも考えましょう。身体に直接風が当たらないように気をつけたり、温度の下がり過ぎなどに気を付ければ問題ありません。
乳児は首周りや膝の裏など通気性が悪く、寝ている時など背中も布団にくっついているため通気性が悪く子供は寝ている時も大量の汗をかきます。ですから服も通気性が良いものや汗をよく吸収する綿100%などにし、こまめに着替えさせあせもの予防をしましょう。
汗をかいたら流してあげることも肌を清潔に保つのでいいのですが、必要以上のシャワーは皮膚をふやかし汗腺を詰まらせるので、よくありません。シャワーは一日3回までとし、石鹸を使うのは一回にしてあせもの部分はやさしく洗ってあげるようにしましょう。

大人のあせも

乳幼児に多くみられるあせもは、けっして子供だけの疾患ではありません。あせもは子供から大人までなりうる皮膚疾患で、背中や首、膝の内側、胸の谷間など汗をかきやすく蒸発しにくい部分によくできます。
エポクリン汗腺から汗が皮膚の表面に出て蒸発するのですが、蒸発が妨げられると汗が汗腺の中に溜まって水ぶくれのようになり、このみずぶくれが破裂した汗が染みだしかゆみを伴った湿疹となります。
大人は子供と違い時間も自由にとれるわけではないので、汗をかいたからといってすぐに着替えることも出来ないので、あせもも出来やすい状況にあります。
現在は、エコなどでエアコンも弱めに設定されていたり、仕事上汗をかきやすい状況だったりとあせもの原因も解消することができにくいものです。
ですからなるべく、通気性の良い下着や衣類を着用したり、あせも予防の入浴剤やローションなどを使用してあせもの予防をしていきましょう。

あせもとベビーパウダー

汗をかきやすく、すぐにあせもが出来てしまう赤ちゃんにベビーパウダーを使用される人も多いのではないでしょうか。
毎日お風呂に入れ清潔にし、こまめに着替えやオムツ替えをしているにも関わらず、あせもが出来ていることも多いですよね。また、出産前後の女性は肌が敏感となっていてかゆみがでることもあります。このような汗をかきやすい赤ちゃんや肌が敏感なお母さんなどにとっては肌をサラサラに保ち、汗疹を予防するのが一番です。
こんな場合には昔から使用されているベビーパウダーがおすすめなのです。
ベビーパウダーは入浴後の清潔な肌に全身にうっすらとつけてあげるのが最適です。
ベビーパウダーをつけると逆にあせもを悪化させるなどの声がありますが、正しい使用法であれば、あせもの予防効果は期待できます。
ベビーパウダーが肌の汗を吸収してくれ、水分や熱の放散を補助してくれるので、汗をかきやすい赤ちゃんの肌はサラサラの状態になり、あせもを予防してくれるのです。
しかしベビーパウダーのつけすぎは良くありません。つけすぎはあせもを悪化させたりすることもあるので、パフで軽く押さえるようにつけるか、パウダーを両手にとり、うっすら白くなる程度ですべらせるようにして付けてあげましょう。
またパウダーを塗布するパフは清潔にしておかなければいけません。雑菌などが繁殖してあせも以外の肌トラブルも起こす原因となるので、いつも清潔にしておきましょう。

あせもになってしまったら気を付けること

夏は高温多湿で、とても暑くすぐに汗をかいてしまいます。こまめに着替えたりして汗を拭きとっていてもあせもはちょっとした油断するとできてしまいます。
あせもが出来ないようにするためにも清潔にしておくことは必要ですが、あせもが出来た場合も肌を清潔にしておく事は大切です。そしてあせもでかゆみが出ても掻いてしまうと悪化してしまうこともあるので、爪は短く切り手をよく洗って清潔にしましょう。
あせもを掻き壊すと「汗疹性湿疹」や汗孔に黄色ブドウ球菌がつき感染をおこし膿庖となる「あせものより」になってしまいます。
またあせもを不潔な手や爪で掻いてしまうと傷口から雑菌が入り黄色ブドウ球菌が繁殖しとびひになることもあります。
このようにならないためにも清潔を心がけ、汗をかいたらこまめに汗を拭きとり、こまめに着替えるなどして悪化しないようにしなくてはいけません。
あせもができてしまったら、ベビーパウダーは使用しないようにしましょう。ベビーパウダーの役割はあせもができないように予防策として肌を乾燥させる効果を目的としますが、
あせもができてしまってからでは、汗孔を防ぐことになるのであせもを悪化させる原因にもなります。
あせもに効果のある外用薬は、カーマインローション、フェノール亜鉛華リニメントなどが市販薬としてありますが、使用してもよくならない場合は皮膚科の診察を受けることをおすすめします。

あせもに汗取りパッド

赤ちゃんはとても汗をかきやすいので、こまめに着替えさせることが、あせもをつくらないためにも大切なことになります。しかし赤ちゃんは寝ている間がとてもよく汗をかきます。汗をかくたびに着替えで赤ちゃんを起こしてしまっては、赤ちゃんもお母さんもゆっくりできませんよね。
あせもの予防として赤ちゃんを寝かせる前に、背中と服の間にハンドタオルなどをはさんでおいて、汗をかいたらハンドタオルをひきぬいてあげると赤ちゃんを起こさずにすみます。
また洗濯物を増やしたくないという方には、日本パフ株式会社のベビー雑貨部門のブランドでわんわんベビーの「汗取り背中パッド」が便利です。
昼間遊んでいる時や昼寝などに関わらず、背中と服の間に背中パッドを差し込んでおいて、汗をかいたと思ったら引き抜くだけで、何度も着替えさせたり、寝ている赤ちゃんを起こす必要もなくあせもの予防ができます。
「ガーゼ汗取り背中パッド」1枚入り使い捨てタイプですが、手洗いすれば数回使用できるもので609円です。
「キトサン使い捨て背中パッド」5枚入りで504円があります。
あせも予防として気軽に使用できる汗取り背中パッドで対策するのもいいですね。

あせものできやすい人

あせもができる原因は、汗を多くかくことや汗孔がふさがることです。この条件が揃うとあせもが発症します。
乳幼児や高温多湿の環境で働く人、アトピー皮膚炎の人があせもができやすくなります。
乳幼児は新陳代謝が良くたくさん汗をかきます。そのことに加え乳幼児の体は体表面積も大人と比較しても小さいのに、エポクリン腺の数は大人と変わらないので大量の汗となってしまいます。
そんなたくさんの汗をかく乳児はオムツを使用するためオムツの中は高温多湿の状態となり、寝転がって過ごす時間や抱かれて過ごす時間も多い事からあせもができやすい環境にあります。
また年中、高温多湿の環境で働く調理師などは季節に関わらず汗をくので汗疹ができやすいのは夏だけではないようです。
皮膚のダメージがあり汗孔の出口が詰まりやすくなっているアトピー性皮膚炎の人の多くがあせもができやすく、あせもが発症することで、もともとの皮膚炎も悪化しやすくなります。
また過度の日焼け後や急性疾患などでの発熱後などにも急にあせもができる場合があります。ですから汗をかきやすい環境にある場合は、汗をこまめに拭き取り皮膚を清潔に保っておくことがあせもを防ぐためにも大切です。

あせもの薬と使い方

あせもは白いあせもと赤いあせもがあり、症状の軽い白いあせもの場合は皮膚の炎症が起きていない状態です。赤くなってかゆみがあるようであれば、炎症を起こしています。
この白いあせもと赤いあせもでは治療法もかわってきます。
炎症のない白いあせもであれば、お風呂の後に皮膚を清潔に保ち、汗を抑えるローションをスキンケア用品として使用していれば自然に治ってしまうこともあります。
炎症を起こしてしまっている赤いあせもはかゆみも伴うため、汗などを洗い流して清潔にし、炎症を抑えかゆみを止める成分が配合された軟膏などを使用します。
あせもがひどくかゆみが激しい場合は、かゆみの原因でもある炎症細胞があせもの部位に集まるのを抑制してくれるステロイド配合の軟膏が効果的です。
あせもの薬にはすぐに乾いてベタベタすることのないローションタイプと、軟膏タイプがあります。広い範囲で使用する場合や首まわりの使用であれば、ベタベタせず衣服にくっつかないローションタイプがおすすめですが、あせもがひどい場合は軟膏タイプのほうがいいようです。
薬を塗布する場合は、肌が清潔な入浴後が最適です。しかし1日に数回使用する場合は、温かいタオルでやさしく肌を拭き薬を塗っていきます。
あせもを掻いて傷になっている場合は、雑菌が入らないように消毒し、化膿してしまっている場合は抗生物質入りの軟膏が効果的です。
あせもと言っても状態により、使用する薬も違ってくるので気をつけましょう。

あせも治療に桃の葉

タンニンやマグネシウム、カリウムなどの成分が含まれる桃の葉には、あせもなどの皮膚疾患の改善効果があるとして、古くから治療薬として使用されてきました。
現在は、桃の葉配合の商品もよくみかける事が出来るほど、多くのメーカーが桃の葉配合の商品を販売しています。
桃の木が珍しくなく簡単に手に入っていた古い時代には、あせもの治療に「桃の葉風呂」として乾燥させた桃の葉をお風呂に入れて使用していたようです。
陰干し乾燥させ煎じるだけで簡単に作ることができる桃の葉ローションは、桃の葉が手に入るのであれば家庭で気軽に作ることができ使用できるものです。
陰干しして乾燥させた桃の葉を煎じ、その煎じ汁を冷ましてローションとして使用できる桃の葉ローションはあせもの予防効果が高いことはよく知られていますが、肌荒れ、乾燥、アトピー性皮膚炎、日焼けなどにも効果があり使用することができます。
桃の葉ローションを家庭でつくった場合は防腐剤などが入っていないので冷蔵庫に保管して、5日程で使い切るようにしましょう。
また桃の葉を煎じたものは、ローションだけでなく入浴剤としても使用することができます。
桃の葉配合の商品は簡単に手に入り、あせもの改善効果だけでなく様々な肌トラブルに効果があり保湿効果も得られることから多くの人が使用されているのではないでしょうか。
しかし市販のものにはローションやクリームなどのタイプがありますが、アルコールが入ったものもありますので、あせもがひどい場合などにはしみたりするので選ぶ際には注意しましょう。

あせもとアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の人は皮膚にダメージがあり汗孔の出口が詰まりやすくなっているため、あせもができやすいと言われています。
あせもになるとかゆみが伴うため、皮膚を傷つけもともとあった皮膚炎まで悪化させてしまうことがあります。掻いたところから雑菌が入りやすく、アトピー性皮膚炎の人は皮膚の抵抗力も弱い事からとびひなど悪化してしまう事も多いのです。
ですからアトピー性皮膚炎の人はなるべく予防してあせもが出来ないように気をつけなくてはいけません。
夏など汗をかきやすい時期や職業柄、汗をかきやすい環境の場合は汗を吸収しやすい綿100%などの衣類を着用するようにし、皮膚を清潔に保ち、なるべくエアコンなどで温度調節を行ってあせもができないよう予防しましょう。
皮膚の調子が良くなったと思っても普段使用している塗り薬やスキンケアはきちんと継続し治療しましょう。

あせもとは

子供から大人まで汗をかきやすくなってくると、あせもにかかりやすくなってきますよね。
あせもは、高温多湿の環境で長時間過ごした場合、激しい運動で大量の汗を短時間でかいた場合、発熱性の病気で大量に汗をかいた場合、ギブスをした場合、通気性の悪い衣服を着用した場合などが、原因として発生する事が多く、普段の日常生活で自然にでる汗が原因となるのではないのです。
人間は体温を調節するために、約200万~400万個のエクリン汗腺が皮膚の表面にあり、気温が高い場合や激しい運動などで体温が上がると、皮膚表面にある多くのエクリン汗腺で汗がつくられて、汗管という細い管を通り皮膚の上に汗を出します。
汗の通り道でもある汗管の出口や汗孔がほこりや垢などでふさがれてしまうと、汗管からでるはずの汗は出口がなくなり蒸発できなくなるのです。
このようにほこりや垢などで汗孔がふさがれ、皮膚の中にしみだした汗が行き場がなくなることで炎症を起こしてしまいます。
ですから、あせもの原因は汗を大量にかくこと、汗の出口がふさがれることによるもので、この二つの条件が揃うとあせもとなります。
また現在では、暖房などの影響から夏だけでなく、冬にもあせもを起こすことがあるようです。