大人のあせも

乳幼児に多くみられるあせもは、けっして子供だけの疾患ではありません。あせもは子供から大人までなりうる皮膚疾患で、背中や首、膝の内側、胸の谷間など汗をかきやすく蒸発しにくい部分によくできます。
エポクリン汗腺から汗が皮膚の表面に出て蒸発するのですが、蒸発が妨げられると汗が汗腺の中に溜まって水ぶくれのようになり、このみずぶくれが破裂した汗が染みだしかゆみを伴った湿疹となります。
大人は子供と違い時間も自由にとれるわけではないので、汗をかいたからといってすぐに着替えることも出来ないので、あせもも出来やすい状況にあります。
現在は、エコなどでエアコンも弱めに設定されていたり、仕事上汗をかきやすい状況だったりとあせもの原因も解消することができにくいものです。
ですからなるべく、通気性の良い下着や衣類を着用したり、あせも予防の入浴剤やローションなどを使用してあせもの予防をしていきましょう。

あせもに似た病気

汗が関わる皮膚の疾患はあせもだけでなく、あせもに似た皮膚疾患があります。
汗に含まれるアンモニアなどの成分が角質層の下にある組織を刺激し炎症を起こす「汗疹性湿疹」があります。この汗疹性湿疹は、首のしわなどの汗が溜まりやすく皮膚の弱い部位によくでき、汗孔の出口が丘疹状に盛り上がる症状です。
あせもの際できるポツポツとした症状とは違い、全体にザラザラし赤みがあり強いかゆみがある場合もあります。
この症状の原因もあせもと同じで、高温多湿や高熱による体温上昇による過剰な発汗によるもので、治療には、炎症を抑制する軟膏やステロイド剤の入った軟膏を使用します。
またあせもに似た症状で、手の平や足の裏などの皮膚の角質が厚い部分に水膨れや角層が剥げる症状の「汗疱」があります。この汗疱は、あせもの原因である体温や気温でかく汗などで起こるのではなく、緊張や季節の変わり目などに手の平や足の裏に多量の汗をかく多汗症の方に多くみられます。湿疹化すると赤くなりかゆみを伴い、治療としては皮膚を柔らかくする軟膏やステロイド剤を使用します。
この「汗疱」は多汗症が原因ですが、現在は多汗症の治療や手術も多く行われています。
このように「汗疹性湿疹」や「汗庖」はあせもの症状によく似ていますが、痛みなども伴う場合があるため、皮膚科を受診してみるといいですね。

あせもとアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の人は皮膚にダメージがあり汗孔の出口が詰まりやすくなっているため、あせもができやすいと言われています。
あせもになるとかゆみが伴うため、皮膚を傷つけもともとあった皮膚炎まで悪化させてしまうことがあります。掻いたところから雑菌が入りやすく、アトピー性皮膚炎の人は皮膚の抵抗力も弱い事からとびひなど悪化してしまう事も多いのです。
ですからアトピー性皮膚炎の人はなるべく予防してあせもが出来ないように気をつけなくてはいけません。
夏など汗をかきやすい時期や職業柄、汗をかきやすい環境の場合は汗を吸収しやすい綿100%などの衣類を着用するようにし、皮膚を清潔に保ち、なるべくエアコンなどで温度調節を行ってあせもができないよう予防しましょう。
皮膚の調子が良くなったと思っても普段使用している塗り薬やスキンケアはきちんと継続し治療しましょう。

あせもとあせものより

乳幼児などあせもができるとかゆみが伴うため、かきむしったりします。あせもを掻いて傷痕に黄色ブドウ球菌が繁殖することで、二次感染を起こしあせものより(乳児多発性汗腺膿瘍)になります。あせものよりは、あせもができている部位に赤く小さなしこりが出来、徐々に大きくなりぶよぶよになったり、その膿瘍から黄色い膿みが出たりします。
この感染によりリンパ節が腫れ、発熱したり、毛が抜けてしまったり、痛みを伴ったりするので、放っておかずに皮膚科を受診しましょう。
皮膚科でのあせものよりの治療としては、患部を切開し溜まった膿みを出しアクリノール亜鉛華単軟膏をぬり炎症を抑えます。また黄色ブドウ球菌を抑えるために抗生物質を服用することになります。
あせもをつくらないように予防できれば一番いいのですが、汗っかきの子供には、あせもは付きものと言える程出来てしまうので、あせもから二次感染し悪化してしまうのを防がなくてはいけません。汗をよく吸収してくれる綿100%の衣類を着用させ、肌を清潔にし汗をかいたらこまめに着替えるようにし、子供がかいて傷をつくらないように爪は短く切り、頭や顔、うなじなどによく出来るので髪は短くしたり、束ねるようにしましょう。
家庭においては、寝る際に氷枕をしたり、汗をかいた場合は乾いたタオルで拭いたり、部屋の温度や湿度に注意しておくことが必要です。

赤いあせも、白いあせも

あせもと言っても炎症を起こしかゆみのある赤いあせもと炎症を起こしていない軽い症状の白いあせもがあります。
「水晶様汗疹」と言われる白いあせもは皮膚の角質層やそのすぐ下に汗が溜まり透明の玉のような1~2ミリの水疱が広範囲にできるもので、日焼けなどをした場合などに発症します。炎症を起こしていないため自覚症状もなく、皮膚を清潔にし涼しくしておけば数日で水疱が破れ自然に治ります。
「紅色汗疹」と言われる炎症を起こしかゆみを有する赤いあせもは、表皮内に汗が溜まり、小さな赤みのある湿疹から2~3ミリの大きさになるものもあります。
水や膿を含んだものもあり、小さい子供などは、かゆみがあるため掻いてしまい雑菌が入りとびひになったりと悪化させてしまう場合もあります。ひどくなってしまう前に早めに治療するほうがいいでしょう。
またこどもは知らず知らずに掻いてしまうので、手を清潔にし爪は短く切っておくといいですね。またあせもができないように、汗をかいたらこまめに汗をふきとり、着替えさせるなどの対策をしておくことが大切です。

明治時代のあせも対策

明治時代には、あせも治療として葛粉、ひき茶、小麦粉、薔麦粉、天瓜粉(天花粉)が使用されていたことが、江戸時代の育児書である「育嬰草」に記載されています。
ウリ科のキカラスウリ(天瓜)の根から採取した白いデンプンである天瓜粉はあせも治療にはもちろん、その他にも江戸時代から明治の初めにかけておしろいの代用品として使用されていました。
その後明治中期になると、シッカロールの有効成分である亜鉛華が使用されるようになり、亜鉛華澱粉が幅広く使われるようになったのは、明治後期になってからです。
そんな天瓜粉などの種々の粉をあせもの治療薬として普及させたのは、和光堂薬局を開設した弘田長博士で、東京帝国大学薬学科の丹波敬三教授と協力し、あせもやただれに対しより効果的なシッカロールを誕生させたのは、1906年(明治39年)のことでした。
このシッカロールが日常生活で徐々に普及しはじめたのは、1912年に「小児養育の心得」にシッカロールが紹介されてからになります。
それからお風呂あがりには、あせも予防としてシッカロールを使用する習慣ができ一般的に普及していきました。
この明治時代も江戸時代と同じく汗疹用としての粉などは売られておらず、シッカロールと共に、桃の葉やビワの葉、よもぎやどくだみなどを煎じあせもと治療薬として利用していたようです。

江戸時代のあせも治療

あせもは小さい子供から大人まで、暑い時期になると悩ませる皮膚疾患ですが、あせもの治療法は古くから様々な方法が考えられて使用されていたようです。
あせもの薬については、江戸時代の書記にも残されているようで、「はまぐりがいをやいてうどんの粉とまぜて布につつみ、ふるいかけてよし」と記されているのは江戸時代の女性の心得が記載されている「女用訓蒙図彙」です。「はまぐりの殻を焼き砕いて粉にし、うどんの粉と混ぜ合わせて布に包み、あせもにふりかけるとよい」という意味になります。
また「牡蠣の粉、あるいは葛の粉、または天花粉をすり、塗りたるがよし。かくのごとくすれば、夏はあせもを生ぜず」と残されているのが「小児必用養育草」で江戸時代の代表的な育児書です。あせもの治療には、牡蠣粉、葛粉、天花粉が効くとし使用されていたようです。
また、桃の葉の成分タンニンが、あせもや日焼けに効果があるとして、桃の葉を煎じお風呂にいれた「桃湯」やびわ、よもぎ、どくだみなどを煎じて薬湯としてあせも治療に用いられていたようです。
古くからあせもの改善にいいとされ、使用されていたようですが江戸時代にはまだ治療用としての粉なども売られていないため、自生するよもぎや桃の葉などを採取し治療薬として使用していたそうです。

あせも治療に桃の葉

タンニンやマグネシウム、カリウムなどの成分が含まれる桃の葉には、あせもなどの皮膚疾患の改善効果があるとして、古くから治療薬として使用されてきました。
現在は、桃の葉配合の商品もよくみかける事が出来るほど、多くのメーカーが桃の葉配合の商品を販売しています。
桃の木が珍しくなく簡単に手に入っていた古い時代には、あせもの治療に「桃の葉風呂」として乾燥させた桃の葉をお風呂に入れて使用していたようです。
陰干し乾燥させ煎じるだけで簡単に作ることができる桃の葉ローションは、桃の葉が手に入るのであれば家庭で気軽に作ることができ使用できるものです。
陰干しして乾燥させた桃の葉を煎じ、その煎じ汁を冷ましてローションとして使用できる桃の葉ローションはあせもの予防効果が高いことはよく知られていますが、肌荒れ、乾燥、アトピー性皮膚炎、日焼けなどにも効果があり使用することができます。
桃の葉ローションを家庭でつくった場合は防腐剤などが入っていないので冷蔵庫に保管して、5日程で使い切るようにしましょう。
また桃の葉を煎じたものは、ローションだけでなく入浴剤としても使用することができます。
桃の葉配合の商品は簡単に手に入り、あせもの改善効果だけでなく様々な肌トラブルに効果があり保湿効果も得られることから多くの人が使用されているのではないでしょうか。
しかし市販のものにはローションやクリームなどのタイプがありますが、アルコールが入ったものもありますので、あせもがひどい場合などにはしみたりするので選ぶ際には注意しましょう。

あせも治療によもぎ

よもぎはいろんなところで見かけたりし、古くから薬草として様々な治療に使用されてきました。シオネール、アルファーツヨシ、アデニン、コリンなどの成分があるよもぎは、使用法により様々な症状に効果があります。
よもぎの成分を入浴剤で使用すれば、あせも、ひび、あかぎれ、リウマチ、冷え性、肩こり、腰痛、痔、乾燥肌などに効果があり、食用で使用すると食欲増進、胆汁分泌促進、整腸剤として腹痛や下痢、高血圧、神経痛、喘息などに効果的なのだそうです。
よもぎをよく水洗いし、陰干ししてよく乾燥させてから細かく刻み袋にいれよもぎ湯としてお風呂にいれ使用すると、あせもの予防や治療として効果があります。
またこのあせもの予防・治療効果を増したい時は、水からよもぎを入れて沸かすと有効成分がよく染み出て期待できるものですが、生の葉を使用する際は倍の分量を使うといいそうです。
あせもの予防効果以外にも多くの症状改善効果のあるよもぎは、老廃物の排泄促進作用があり疲労回復効果が期待できます。またよもぎに含まれる精油成分にシネオールという成分があり殺菌効果、鎮痛効果、保温効果が高いことから、あせもの予防だけでなく改善効果も期待できるのです。
もっと手軽によもぎ成分を試してみたい方には、よもぎ成分配合の入浴剤や、ローション、クリームなど販売されていて、様々な症状の改善効果で人気があるようです。

あせも治療にビワの葉

ビワの葉は、昔から利用されていて、ビワの葉に肉桂(にっけい)、霍香(かっこう)、莪述(がじゅつ)、呉茱萸(ごしゅゆ)、木香(もっこう)、甘草(かんぞう)を同量で混ぜ合わせたものを煎じた「枇杷葉湯(びわとうよう)」を夏に暑気払いとして、江戸時代には多くの庶民に飲まれていたようです。
ビワは比較的暖かい場所に自生する常緑樹で夏にはオレンジ色の甘い実をつけます。葉はギザギザで琵琶の形をしています。昔はこのビワの葉はすぐ手に入るものだったのですが、現在はなかなか手に入れることができないようです。
このビワの葉は、あせも、かぶれ、湿疹などの効果が良く知られていますが、あせもなどの湿疹だけでなく、食欲不振や暑気あたり、せき、たん、捻挫、打ち身などにも効果的なのです。
今はインターネットでの通販でビワの葉が購入できるので、あせもなどの湿疹などの治療としてビワの葉を3枚ほど葉の両面にある柔毛をタワシなどできれいに取り除き、2~3㎝幅に切って水0.5?で煮だし、お風呂に入る際入浴剤として使用できます。
または、このビワの葉の煮出したものを、さましあせもが出来ている部分を洗うことも有効です。
またもっと手軽に使用したい方にはビワの葉が配合された入浴剤もあるので利用されるのもいいですね。

あせも治療にどくだみ

どくだみは古くからいろんな症状に効能があるとしてよく耳にしますよね。どくだみは「日本書紀」にも万病に効く薬草として記載されていて、古くから生活において利用されてきました。そんなどくだみはあせもに対しても効果があると言われています。
昔からどくだみの葉を乾燥させ煎じてお茶として飲むことで、利尿や便通、血圧症予防に効果があると言われ、火で焙り柔らかくした葉を貼っておくことで、化膿性の腫れものなどの膿を吸い出す効果があるとも言われます。
またあせもなどの湿疹の予防や治療に、どくだみの葉を乾燥させお風呂に入れると効果があるそうです。
どくだみは「十薬(重薬)」とも言われ、あせもや湿疹、傷、胃腸病、高血圧など何にでも効果があることからも「十薬」と言われる理由もわかりますね。
どくだみという名前の由来はいくつか説があり、「毒を矯める」「毒を止める」などの効果が由来であると言う説と、どくだみ特有の強い臭いから毒があるのではないかと言われ「毒溜」と言われるようになったという説や、毒や痛みなどに効果があることから「毒痛み」からどくだみと言われるようになったという説などがあります。
あせもやニキビ、吹き出物のような肌トラブルに加え、冷え性や生理不順、高血圧、腰痛などにも効果があるどくだみは現在、入浴剤やローションなどにも配合されています。
どくだみの葉を乾燥させたものを袋に入れ口をきつく縛り、水で煮だしたものをお風呂に入れると抗菌効果や消炎効果があり、あせもなどの予防に効果的です。

あせもの薬と使い方

あせもは白いあせもと赤いあせもがあり、症状の軽い白いあせもの場合は皮膚の炎症が起きていない状態です。赤くなってかゆみがあるようであれば、炎症を起こしています。
この白いあせもと赤いあせもでは治療法もかわってきます。
炎症のない白いあせもであれば、お風呂の後に皮膚を清潔に保ち、汗を抑えるローションをスキンケア用品として使用していれば自然に治ってしまうこともあります。
炎症を起こしてしまっている赤いあせもはかゆみも伴うため、汗などを洗い流して清潔にし、炎症を抑えかゆみを止める成分が配合された軟膏などを使用します。
あせもがひどくかゆみが激しい場合は、かゆみの原因でもある炎症細胞があせもの部位に集まるのを抑制してくれるステロイド配合の軟膏が効果的です。
あせもの薬にはすぐに乾いてベタベタすることのないローションタイプと、軟膏タイプがあります。広い範囲で使用する場合や首まわりの使用であれば、ベタベタせず衣服にくっつかないローションタイプがおすすめですが、あせもがひどい場合は軟膏タイプのほうがいいようです。
薬を塗布する場合は、肌が清潔な入浴後が最適です。しかし1日に数回使用する場合は、温かいタオルでやさしく肌を拭き薬を塗っていきます。
あせもを掻いて傷になっている場合は、雑菌が入らないように消毒し、化膿してしまっている場合は抗生物質入りの軟膏が効果的です。
あせもと言っても状態により、使用する薬も違ってくるので気をつけましょう。

あせものできやすい人

あせもができる原因は、汗を多くかくことや汗孔がふさがることです。この条件が揃うとあせもが発症します。
乳幼児や高温多湿の環境で働く人、アトピー皮膚炎の人があせもができやすくなります。
乳幼児は新陳代謝が良くたくさん汗をかきます。そのことに加え乳幼児の体は体表面積も大人と比較しても小さいのに、エポクリン腺の数は大人と変わらないので大量の汗となってしまいます。
そんなたくさんの汗をかく乳児はオムツを使用するためオムツの中は高温多湿の状態となり、寝転がって過ごす時間や抱かれて過ごす時間も多い事からあせもができやすい環境にあります。
また年中、高温多湿の環境で働く調理師などは季節に関わらず汗をくので汗疹ができやすいのは夏だけではないようです。
皮膚のダメージがあり汗孔の出口が詰まりやすくなっているアトピー性皮膚炎の人の多くがあせもができやすく、あせもが発症することで、もともとの皮膚炎も悪化しやすくなります。
また過度の日焼け後や急性疾患などでの発熱後などにも急にあせもができる場合があります。ですから汗をかきやすい環境にある場合は、汗をこまめに拭き取り皮膚を清潔に保っておくことがあせもを防ぐためにも大切です。

あせもに汗取りパッド

赤ちゃんはとても汗をかきやすいので、こまめに着替えさせることが、あせもをつくらないためにも大切なことになります。しかし赤ちゃんは寝ている間がとてもよく汗をかきます。汗をかくたびに着替えで赤ちゃんを起こしてしまっては、赤ちゃんもお母さんもゆっくりできませんよね。
あせもの予防として赤ちゃんを寝かせる前に、背中と服の間にハンドタオルなどをはさんでおいて、汗をかいたらハンドタオルをひきぬいてあげると赤ちゃんを起こさずにすみます。
また洗濯物を増やしたくないという方には、日本パフ株式会社のベビー雑貨部門のブランドでわんわんベビーの「汗取り背中パッド」が便利です。
昼間遊んでいる時や昼寝などに関わらず、背中と服の間に背中パッドを差し込んでおいて、汗をかいたと思ったら引き抜くだけで、何度も着替えさせたり、寝ている赤ちゃんを起こす必要もなくあせもの予防ができます。
「ガーゼ汗取り背中パッド」1枚入り使い捨てタイプですが、手洗いすれば数回使用できるもので609円です。
「キトサン使い捨て背中パッド」5枚入りで504円があります。
あせも予防として気軽に使用できる汗取り背中パッドで対策するのもいいですね。

あせもになってしまったら気を付けること

夏は高温多湿で、とても暑くすぐに汗をかいてしまいます。こまめに着替えたりして汗を拭きとっていてもあせもはちょっとした油断するとできてしまいます。
あせもが出来ないようにするためにも清潔にしておくことは必要ですが、あせもが出来た場合も肌を清潔にしておく事は大切です。そしてあせもでかゆみが出ても掻いてしまうと悪化してしまうこともあるので、爪は短く切り手をよく洗って清潔にしましょう。
あせもを掻き壊すと「汗疹性湿疹」や汗孔に黄色ブドウ球菌がつき感染をおこし膿庖となる「あせものより」になってしまいます。
またあせもを不潔な手や爪で掻いてしまうと傷口から雑菌が入り黄色ブドウ球菌が繁殖しとびひになることもあります。
このようにならないためにも清潔を心がけ、汗をかいたらこまめに汗を拭きとり、こまめに着替えるなどして悪化しないようにしなくてはいけません。
あせもができてしまったら、ベビーパウダーは使用しないようにしましょう。ベビーパウダーの役割はあせもができないように予防策として肌を乾燥させる効果を目的としますが、
あせもができてしまってからでは、汗孔を防ぐことになるのであせもを悪化させる原因にもなります。
あせもに効果のある外用薬は、カーマインローション、フェノール亜鉛華リニメントなどが市販薬としてありますが、使用してもよくならない場合は皮膚科の診察を受けることをおすすめします。