明治時代のあせも対策

明治時代には、あせも治療として葛粉、ひき茶、小麦粉、薔麦粉、天瓜粉(天花粉)が使用されていたことが、江戸時代の育児書である「育嬰草」に記載されています。
ウリ科のキカラスウリ(天瓜)の根から採取した白いデンプンである天瓜粉はあせも治療にはもちろん、その他にも江戸時代から明治の初めにかけておしろいの代用品として使用されていました。
その後明治中期になると、シッカロールの有効成分である亜鉛華が使用されるようになり、亜鉛華澱粉が幅広く使われるようになったのは、明治後期になってからです。
そんな天瓜粉などの種々の粉をあせもの治療薬として普及させたのは、和光堂薬局を開設した弘田長博士で、東京帝国大学薬学科の丹波敬三教授と協力し、あせもやただれに対しより効果的なシッカロールを誕生させたのは、1906年(明治39年)のことでした。
このシッカロールが日常生活で徐々に普及しはじめたのは、1912年に「小児養育の心得」にシッカロールが紹介されてからになります。
それからお風呂あがりには、あせも予防としてシッカロールを使用する習慣ができ一般的に普及していきました。
この明治時代も江戸時代と同じく汗疹用としての粉などは売られておらず、シッカロールと共に、桃の葉やビワの葉、よもぎやどくだみなどを煎じあせもと治療薬として利用していたようです。

あせもとベビーパウダー

汗をかきやすく、すぐにあせもが出来てしまう赤ちゃんにベビーパウダーを使用される人も多いのではないでしょうか。
毎日お風呂に入れ清潔にし、こまめに着替えやオムツ替えをしているにも関わらず、あせもが出来ていることも多いですよね。また、出産前後の女性は肌が敏感となっていてかゆみがでることもあります。このような汗をかきやすい赤ちゃんや肌が敏感なお母さんなどにとっては肌をサラサラに保ち、汗疹を予防するのが一番です。
こんな場合には昔から使用されているベビーパウダーがおすすめなのです。
ベビーパウダーは入浴後の清潔な肌に全身にうっすらとつけてあげるのが最適です。
ベビーパウダーをつけると逆にあせもを悪化させるなどの声がありますが、正しい使用法であれば、あせもの予防効果は期待できます。
ベビーパウダーが肌の汗を吸収してくれ、水分や熱の放散を補助してくれるので、汗をかきやすい赤ちゃんの肌はサラサラの状態になり、あせもを予防してくれるのです。
しかしベビーパウダーのつけすぎは良くありません。つけすぎはあせもを悪化させたりすることもあるので、パフで軽く押さえるようにつけるか、パウダーを両手にとり、うっすら白くなる程度ですべらせるようにして付けてあげましょう。
またパウダーを塗布するパフは清潔にしておかなければいけません。雑菌などが繁殖してあせも以外の肌トラブルも起こす原因となるので、いつも清潔にしておきましょう。

赤いあせも、白いあせも

あせもと言っても炎症を起こしかゆみのある赤いあせもと炎症を起こしていない軽い症状の白いあせもがあります。
「水晶様汗疹」と言われる白いあせもは皮膚の角質層やそのすぐ下に汗が溜まり透明の玉のような1~2ミリの水疱が広範囲にできるもので、日焼けなどをした場合などに発症します。炎症を起こしていないため自覚症状もなく、皮膚を清潔にし涼しくしておけば数日で水疱が破れ自然に治ります。
「紅色汗疹」と言われる炎症を起こしかゆみを有する赤いあせもは、表皮内に汗が溜まり、小さな赤みのある湿疹から2~3ミリの大きさになるものもあります。
水や膿を含んだものもあり、小さい子供などは、かゆみがあるため掻いてしまい雑菌が入りとびひになったりと悪化させてしまう場合もあります。ひどくなってしまう前に早めに治療するほうがいいでしょう。
またこどもは知らず知らずに掻いてしまうので、手を清潔にし爪は短く切っておくといいですね。またあせもができないように、汗をかいたらこまめに汗をふきとり、着替えさせるなどの対策をしておくことが大切です。

あせもとは

子供から大人まで汗をかきやすくなってくると、あせもにかかりやすくなってきますよね。
あせもは、高温多湿の環境で長時間過ごした場合、激しい運動で大量の汗を短時間でかいた場合、発熱性の病気で大量に汗をかいた場合、ギブスをした場合、通気性の悪い衣服を着用した場合などが、原因として発生する事が多く、普段の日常生活で自然にでる汗が原因となるのではないのです。
人間は体温を調節するために、約200万~400万個のエクリン汗腺が皮膚の表面にあり、気温が高い場合や激しい運動などで体温が上がると、皮膚表面にある多くのエクリン汗腺で汗がつくられて、汗管という細い管を通り皮膚の上に汗を出します。
汗の通り道でもある汗管の出口や汗孔がほこりや垢などでふさがれてしまうと、汗管からでるはずの汗は出口がなくなり蒸発できなくなるのです。
このようにほこりや垢などで汗孔がふさがれ、皮膚の中にしみだした汗が行き場がなくなることで炎症を起こしてしまいます。
ですから、あせもの原因は汗を大量にかくこと、汗の出口がふさがれることによるもので、この二つの条件が揃うとあせもとなります。
また現在では、暖房などの影響から夏だけでなく、冬にもあせもを起こすことがあるようです。