ハイドロキノンはシミに良いのかな?

近ごろ、美白の救世主として脚光を浴びているハイドロキノンは、日焼けやシミの原因へと繋がっていく、メラニン色素の生成を抑える効果が絶大だと言われています。

つまり、メラニンの生成を防ぐことができるために、美白やシミへの効果が期待され、美白剤として注目されているのです。

これは実は昔からあるもので、日本でも戦前から戦後しばらくの間、化粧品に配合されていました。

ところがハイドロキノンの副作用で白斑ができるという指摘があったため、昭和32年、当時の厚生省からの通達でハイドロキノンの化粧品への配合を禁止されました。

それ以来、日本では長く使用禁止のような状態が続きました。

これは、もともと皮膚科の医師しか使えない成分でしたので、一部の皮膚科医は、自分でハイドロキノン・クリームを作って、自分の患者だけに処方していて、秘密の美白クリームとして販売。これが大好評だった病院もあるようです。

また、一部では、海外からハイドロキノン・クリームを個人輸入して使用していましたが、今のように簡単に輸入ができる時代ではなかったので、かなり大変な労力を必要としたようです。

もともと、ハイドロキノンは、合成や写真の現像において還元剤として用いられていました。また重合防止剤やその原料、ゴムの酸化防止剤原料、染料の原料、農薬原料等としても使用されています。

最近、ようやく厚生労働省がハイドロキノンの化粧品への配合を認めるようになってきたので、これからは、日本国内でもハイドロキノンが、もっと普及していくことでしょう。

ただし、ハイドロキノンはとても強い薬なので、肌が敏感な人は炎症を起こす可能性があります。

肌が炎症を起こさないためにも、肌の弱い方は事前に医師に相談しましょう。
また、使用中にお肌にトラブルがあった場合も、使用を中止してすぐに医師に相談しましょう。

アンチエイジングで美肌を目指すトワエッセ プレミアムエッセンス

知人が産後ダイエットに挑戦している^^

出産後は誰でも太ってしまいます。
もちろん妊娠中に子供を育てるためにつけたはずの肉がなかなか落ちない、という場合もあります。
そして、出産後は子育てに忙しくダイエットする余裕がないという新米ママもとても多いんです。

確かに出産後すぐにダイエットを始めてしまうと母乳などの心配もあると思います。
それに今までよりも赤ちゃんの面倒を見るために体力を使うためダイエットに時間をかけていられない!という事情もあります。
また、初めての子育ての場合などには特にストレスがたまりやすくついつい食べてしまうというママもいます。

ですが、出産後にがっちりついた脂肪を落とす方法もあるんです。
その方法は運動嫌いの方でも大丈夫。
無理なく、ストレスなく、子供を育てながら痩せることが出来ます。
子供にとってよいママであるのはもちろん、旦那様にとっても素敵な奥さんでありたいと願う女性は多いはずです。

そんな女性にぜひ試してほしいのがこのスムージーです。
このスムージーは子育て中でも続けることのできる楽ちんダイエット
これを機会に本格的にダイエットをして、昔のようなスリムなボディを是非取り戻してくださいね。

出産後のダイエットはだれもが挑戦するもの。
やっぱり出産後は子育てに忙しい、体型管理ができないなどの悩みが誰にでもつきものなんですね。

また、子供が少し大きくなってくると子供と一緒におやつを食べてしまうこともあります。
子供が残したものをもったいないと食べているうちに自分がどんどん太ってしまうこともあるのではないでしょうか?
産後太りは多少は解消しますがやはり出産を経験しているという意味でなかなか昔の体型そのままには戻りません。
運動や食事などかなり気を付けないと産後太りの解消は難しいと思われがちです。
そのため、なかなか産後のダイエットが続かなくなってしまうんですね。

そんな産後のダイエットを救うのはダイエットと感じられないほど簡単なある方法です。
1日3食、健康的に食べてももちろん大丈夫。
ダイエットしているという感覚すらないという人も多いあるダイエット方法です。
ストレスも少なく、子育てをしながらでも無理なく続けられるダイエット、気になりませんか?

さらにこのダイエット方法では美肌を守る効果もあります。
体のラインだけではなく、体の表面の皮膚もしっかりと若いころのように戻してくれるのですね。
子供の参観日にかわいいお母さん!と言われるような体型を目指してみませんか?

マジカルスムージーで簡単ダイエット

乾燥肌のあなたに、私の保湿クリームの選び方と使い方について

乾燥肌ってほんと困りますよね。私は28歳のOLで独身ですが、編集者なのでかなり仕事が不規則でそのせいか年がら年中乾燥に悩まされていました。
部屋にこもっているのもあり、冷暖房が効いた中でずっと過ごしています。
今まで乾燥肌の原因やどんな成分のものが肌に効くかということも考えてきませんでした。

でもある程度知識を学ぶと、身近な生活習慣をちょっと変えたり、睡眠を疎かにしないでいたり、乾燥にいいという食べ物を食べたりすることで、相乗効果を出してくれることも気が付きました。

そして、今一番自分が必要としている肌の状態を理解し、それに見合った成分のクリームを使う事で長年の悩みから解放されたりすることができたりします。

私は二十代後半までずっと乾燥肌でしたが、三十を目の前にして肌がどんどん綺麗になってきたのを実感しています。普通は歳を重ねたら肌は衰えると思いますが、正しいケアや良い成分のスキンケア、毎日の生活習慣を変えたことによって、マイナス5歳肌になれた気がしています。
乾燥が治ると毎日お化粧するのも楽しみになりました。
肌の悩みが解決することで人生が前向きに明るくなるような気がします。

またこんな私の肌を乾燥から救ってくれた保湿クリーム、みなさんにもご紹介しますね。
スキンケアは高ければいいというのでもないので、実際使ってみて効きめがあってコストパフォーマンスがあるのがいいですよね。ただ口コミで一番いいというのを使っても肌タイプもそれぞれ違いますし、自分に合うかどうかわからないものですよね。
私は色々使った結果、一番肌にしっくりきて、めちゃくちゃ肌が潤う保湿クリームに出会えたんです。嫌な乾燥肌とおさらばして楽しい毎日を送りませんか?
みなさんにも是非使ってもらいたいと思います。

松田聖子さんが宣伝している「アスタリフト」も好きです。
使われたことがなかったら一度トライアルセットで試して見られると良いかも・・・

こちらのサイトで紹介されていますから アスタリフト・トライアルセット体験談

顔のむくみが気になってます

顔のむくみは男性に比べ女性に多く、顔が大きく見えたり、たるんで見える、老けて見えるなど顔のむくみによって様々な悩みも多いようです。
顔のむくみはなぜ起きるのでしょう。

血液や体液の循環が悪く血管やリンパ管などから水分が浸み出し、皮膚の下に溜まってしまうのですが、この様な状態になるには様々な原因がいくつかあります。
塩分の取り過ぎ、水分やアルコールの過剰摂取、服装などでの体の締め付けなどが原因としてあげられますが、顔のむくみでも注意しなければならないのが病気によるものです。
塩分の取り過ぎなどの場合は摂取を控えることでも顔のむくみは解消できたり予防につながりますが、病気の場合はひどくなると命の危険性も出てきますので、顔のむくみと軽く考えずに1週間ほど続く場合は必ず医師の診察を受けましょう。
またむくみの原因は女性ホルモンバランスの乱れでも起きてしまいます。女性には生理や妊娠などでホルモンバランスも乱れやすいので、顔のむくみが多い理由のひとつでもありますが、妊娠中には妊娠中毒症なども考えられますので特に注意が必要です。

まずは顔のむくみを毎朝チェックすることが大切です。顔のむくみはまぶたやあごなどわかりやすい部分もありますので自分で確認して病気などが伴っている場合は、早期発見に繋がることもありますので毎朝鏡などで確認してみましょう。
顔のむくみがある場合はそのまま放置せずにその日のうちに解消するようにしましょう。長期間放っておくと顔のむくみがたるみとなりますので、原因を知り解消していく事が大切です。
顔のむくみは水分の取り過ぎだけでなくアルコールを飲むことで血中アルコール濃度が上がり顔のむくみとなります。また塩分を多く含む食べ物は顔のむくみには大敵と言えます。
逆に顔のむくみを解消してくれる栄養成分もありますので、食生活の見直しでも解消したり予防することができるのです。

また顔のむくみを効果的に解消するにはむくみ解消グッズなどがたくさん発売されていますので、利用してみるといいですね。
顔のむくみを取るにはリンパマッサージなどが有効とされ、むくみ解消の正しいマッサージ法を知りむくみのない小顔を目指していきましょう。
お風呂に浸かり血行をよくすることも顔のむくみ解消には効果的ですし、適度な運動で汗をかき新陳代謝を良くすることも大切と言えます。
効果的な解消法で次の日までむくみを残さないようにしっかり解消し、顔のむくみがでないように生活習慣など見直してみましょう。

オラクル化粧品トラアイルセットを試してみて

ハリのある肌でいたい貴女に

あなたのその、シミ、しわ、たるみ・・・そのままでいいのですか?

人間として生まれてきた以上、どうしても避けられない老化。
特に、お肌の老化って女性にとってはとっても気になる事ではないでしょうか。
目元にできたシワ、緩んでくる輪郭、たるんできた頬、肌のくすみ・・などは放っておくと少しづつ進行し、他人にも疲れている印象や老けている等のマイナスイメージを持たれるようになってしまいます。

しかし、実際に本格的に自分の肌と向き合ってスキンケア用品を揃えよう!とドラッグストアやデパートなどに行ってはみたけれど何を買えばいいのかさっぱりわからない・・・なんて女性もいるのではないでしょうか?

コラーゲン、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、プラセンタ・・・など気になる美容成分がたくさんあると、どの成分が配合されているスキンケア用品を使用すればいいのか悩みますよね。
だからといって、いろいろな成分が配合されたスキンケア用品をたくさん使用するのは肌にかかる負担も大きくコストもかかります

そんな、女性におススメしたいのが、超リッチで濃厚なオールインワンゲル“プラシーゲル モイスト”です。

洗顔後の、化粧水、乳液、美容液、クリームによるスキンケアがコレ1つで済んでしまう手軽さに加え、ノーベル賞受賞実績成分であり皮膚再生やターンオーバーの正常化を促進すると言われている【EGF】、天然美容成分の王様であり、美白効果、保湿効果、細胞の再生効果が期待できるプラセンタ、の2大成分がギュッとたーっぷり配合されているのです。

しかも、それ以外にも、コエンザイムQ10、コラーゲン、セラミド、ヒアルロンサン、セラミド、スクワラン、さらにさらに抗酸化作用の高いフラバンジェノール、世界3大美果エキスなど他にも有効な美容成分がたくさん詰め込まれています。
それでいて使用感は、肌になじんでべたつかず、すっと肌に浸透・・・。

コレ一本で、乾燥、たるみ、しみ、しわ、くすみ、などの年齢による肌トラブルに対応してくれるまさにオールインワンなゲルクリームなのです。
自分の求めているスキンケア用品に中々出会えない女性はこの”プラシーゲル モイスト“をお試しくださいね。

乾燥肌のスキンケアおすすめ

妊娠線の予防方法

21歳の妊娠9ヵ月初マタです。
妊娠9ヵ月ですが自己流の妊娠線予防のおかげで胸、お腹、お尻に目立った妊娠線は出来ていません!!!

ですが、腰周りに妊娠線が出来るとは知らずケアを怠っていたため腰周りにはうっすら妊娠線が出来てしまいました。

今回は私の自己流妊娠線予防体験を書いていきたいと思いす!!!
私が妊娠線を気にし始めたのは、少しお腹が出てき始めた4ヵ月の頃です。

この頃はお腹を触るとお腹が出ているのがわかる程度で、見た目ではさほど分からない頃から始めました。
私が始めた妊娠線のケア方法はお風呂上りに胸、お腹、背中、お尻、腰周りに化粧水をつけたあと保湿クリームを塗ると言った方法でした。

使った化粧水はハトムギエキス配合のミストウォーター、保湿クリームはニベアの青缶を使いました。
化粧水は普通の容器のものでも大丈夫ですが、私的にはミストウォーターの方がとても使いやすかったです。

特に背中当たりはお腹が出てくると届きにくいので、ミストウォーターでサーっとふるだけでも少しは違うかなと感じました!!!

保湿にはオイルの物も使ってみましたが、肌に服が引っ付く感じが気持ち悪く1度で使うのを辞めてしまいました。

その後、棚に眠っていたニベアの青缶を使ってみると肌に服が引っ付く気持ち悪い感じも少なかったので続けて使っていました。

塗る時は保湿クリームが厚くならないよう、薄く塗るように気をつけなくてはベタベタ感が強くなってしまいます。

2週間ほど続けて使ってみてケアをする前の肌と比べてみると、しっかり保湿されているな~と感じれるほど良かったです。

妊娠9ヵ月になった今とても思うことは、妊娠4ヶ月頃からこのケアを始めて良かったと思っています!!!
おかげで目立った妊娠線が出来ることもなく、妊娠前とさほど変わっていません。

ですが、知識不足で腰周りのケア不足でうっすら妊娠線が出来てしまったのが唯一の後悔です。
腰周りのケアもしっかり出来ていれば腰周りの妊娠線も無かったのでは…と思います。

これから妊娠線予防をしようと思っている方は、とにかく早めにケアをするようにした方がいいと思います!!!

あと、ここら辺は大丈夫だろうと思わず、なるべく隅々まで保湿クリームを塗る事をオススメします。
妊娠線予防で妊娠線を気にせず、楽しいマタニティーライフを過ごしてください!!!

妊娠線予防には保湿クリームがおすすめです

乾燥による肌トラブルやアトピーなど

乾燥肌は、かゆみなど様々な肌トラブルを誘発します。

 

肌内部に水分を保つ成分が体質的に少なく、また肌表面の皮脂が少ない人の肌の状態を乾燥肌と言います。

 

徳にかゆみは我慢することが出来ずにかきむしってしまい、その結果、皮膚の状態が悪化し更にかゆくなります。

そして、そこに細菌が入り込むと炎症が起き、「薬を使わなければ治らない」と言う事態になってしまいます。

 

乾燥肌で悩んでいない人は「掻かなきゃいいのに」と思われるかもしれませんが、我が家の「超」がつくほどの乾燥肌の夫と子どもたちに言わせると「そりゃ拷問だ」そうです。

可哀想なことに、掻いても掻かなくてもものすごい拷問なのです。

 

赤ちゃんや小さなお子さんはちょっと目を離したスキにカワイイお顔を爪で引っかいてしまったりします。

かゆみのない普通の肌の赤ちゃんが羨ましいです。

我が家の子達は三人ともそんな感じですので、手がかゆい箇所に行かないように、優しく手を持って踊ってみたりして意識をそらせ、かゆみを紛らわせるよう色々と工夫をして来ました。

 

そんな風にしていてもほんの一瞬でものすごい悪化しちゃうので、結局は皮膚科でステロイドを処方されてきます。

我が家の子どもたちはアトピーもちの乾燥肌なのですが、アトピーもちの乾燥肌はステロイドがすぐに効かなくなってしまうので、使うときにはよ~く観察しながら慎重に塗っていかなければなりません。

 

ものすごく大変ですが、遺伝性なのでしょうがありません。

我が家の子ども達の体質なのだからと割り切って、毎日乾燥肌ケアに励んでいます。

それに、一番つらいのは本人達ですしね。

同じ体質の子をお持ちのお母さん方、子供達の笑顔をご褒美にスキンケア頑張りましょうね~。

赤ちゃんの乾燥肌トラブル

赤ちゃんのカサカサ乾燥肌で皮膚科を受診すると、ワセリンを処方されることが多いようです。

赤ちゃんに限らず、わが家の夫も若い頃にカカトのひび割れで皮膚科を訪れるとワセリンを処方されたそうです。

主婦湿疹など手のひび割れにもワセリンがも処方されるようです。

 

でも、それで良くなったという話はあまり聞かず、「ワセリンでは治らなかった」という話を良く聞きます。

私も子どもの肌のことで悩むまでは、「ワセリン」については「そう言う名前の薬があるんだ」くらいにしか思っておらず、殆ど無関心でした。

でも、子どもの乾燥肌をキッカケにいろいろ調べ始め、子どもの体で実験や観察をしたりしていくうちに、その原因がわかり、それによって夫のカカトのひび割れまで治すことができました。

ずばり、乾燥肌に一番必要なのは「水分の補給」で、その状態を「ワセリン」で保護する事が大切だったのです。

水分がないと肌が回復できないので、「」ワセリン」だけを使っていたのでは治らないのも当たり前です。

昔のお医者さんがその事をわかっていたのかいなかったのか、それは今でもナゾですが。

 

今も3番目の子がアトピーなのですが、ステロイドを使用しないで良い時期に使うスキンケア用としてワセリンを処方されていますが、このワセリンだけを塗っているのでは乾燥肌のカサカサした感じは良くならないので、生協で購入したゲルクリームを塗って水分を十分補給してからワセリンを塗って保護しています。

この手入れのおかげで、薬を使う回数がとても少なくて済んでいるので、とても助かっています。

女性の乾燥肌やハリにコラーゲンサプリ

黒ずみ毛穴の特徴とケアの仕方

黒ずみ毛穴の特徴とはどんなものでしょうか?

毛穴の中に詰まっている古い角質や角栓が空気に触れ酸化することによって黒ずんでしまう状態の毛穴をいいます。
元々Tゾーンは皮脂分泌が活発なのですが、特に小鼻のまわりは油っぽくなりやすいのでほとんどの人が黒ずみ毛穴になりやすいのです。

さらに皮脂分泌が正常に行われない、過剰分泌の人は毛穴が汚れやすくなっています。不規則な生活をしていたり、バランスの良い食事を摂っていないと新陳代謝が乱れてしまい、肌のターンオーバーも上手くいかなくなります。
正常な肌のサイクルが行われていないと、皮脂分泌もおかしくなり毛穴に影響を与えてしまいます。

ではどんなケアをしていけば毛穴の汚れは改善していくのでしょうか?

勿論、ビタミンやミネラル、たんぱく質や脂質をしっかり摂り、睡眠時間を確保することも大切です。お肌の新陳代謝を促すには毎日の規則正しい生活習慣が影響します。

そしてお肌にはまず刺激を与え過ぎないようにします。剥がすタイプの毛穴パックや強力な洗浄力のあるもので洗ったりすると肌を傷めます。一日に何度も洗顔したり、ダブル洗顔のし過ぎもお肌には強過ぎるでしょう。

毛穴の汚れを掻き出してくれるような成分の石鹸などで、丁寧に正しく洗顔する必要があります。けして刺激を与えないように泡だけで洗い、優しく顔を包み込むようにして毎回洗うといいですね。炭やクレイパックなども角栓や古い角質を取り除いてくれるので効果的です。

洗い上がりは優しい素材のタオルなどで押し当てるようにふき、毛穴を引き締める効果のあるビタミンCを使った化粧品を使うのもいいですね。

また油っぽいからといって皮脂を過剰に取り過ぎるのもよくありません。
そうするとお肌が乾燥を防ごうとして、余計に皮脂を分泌してしまうからです。

そうすると毛穴はどんどん開いてしまい、汚れも溜まりやすくなってしまいます。適度に毛穴にも油分は必要になりますから、オイルやクリームを塗って皮脂バランスを整えましょう。

デリケートゾーン黒ずみ専用クリーム

お尻の黒ずみが気になってませんか?

黒ずみの悩みで一番人には言いにくく、恥ずかしいと思っているのがお尻の部位ではないでしょうか?なかなか一人で美容外科に行くこともできず悩んでいる方も多いと思います。
身体を毎日くまなく見ているわけではないですから、知らずのうちに気が付いたら黒ずんでいたという人がほとんどでしょう。

特に日本人の痩せぎみの人にお尻の黒ずみで悩んでいる人が多いと言われています。
お尻が薄く平らで肉が付いていないと、長時間座ったままでいると内側の骨が当たり、圧迫され続けることによって黒ずんでしまったりするのです。またよく床に座る生活も黒ずみを招きやすくなります。

欧米人に比べるとお尻がぺたんとしている日本人は多いですよね。他には摩擦などが考えられます。毎日通勤などで自転車に乗る人は、硬いサドルなどでお尻を少しずつでも刺激しているので黒ずみやすくなります。

他に下着の締め付けやむれ、摩擦も原因として考えられます。身体に合わないきつい下着を着用することも肌に刺激を与え、あせもや吹き出物を作りやすくさせてしまいます。その患部を掻いたりしてしまうと余計悪化して色素沈着したりしてしまいます。

また食生活も脂っこいものやジャンクフードばかり食べていると血液がどろどろして身体の代謝自体が悪くなります。そういったことから吹き出物が出ることもあります。身体にでき物が出来ると言うのは毒素が溜まっていたり、ホルモンバランスが崩れているという原因も考えられます。常日頃からお尻を常に清潔にして、圧迫したり、刺激、摩擦などを控えるようにしていきたいですね。

また毎日のバスタイムでもお尻のケアに気を使う事が大切です。
硬くごわごわしたナイロンのタオルやスポンジなどでお尻を洗うと、かなりの刺激を与えることになります。できれば柔らかい素材のタオルやスポンジで優しく洗うようにしましょう。肌が弱い人は必ずしもタオルを使わなくても大丈夫です。

石鹸をよく泡だてて、手で優しく泡を取りお尻を包み込むようにして洗うといいでしょう。どんな場合もけして力を入れずに洗う事が大事です。強くこすればこするほど、知らずの内に炎症を引き起こしたり、肌を守ろうとして角質がどんどん厚く硬くなってしまったりします。

間違ったお尻に刺激を与える悪い習慣に気付き、毎日の生活習慣を変えることで、黒ずみをある程度は自分で解消することはできるでしょう。

日本人は元々、あまりお尻のケアをしませんが、これからはバスタイムなどの時に鏡でよく観察したりして、黒ずみのない柔らかいお尻を保つように色々とやってみるといいですね。

時間をかければかけた分、お肌は応えてくれるものです。身体中、黒ずみのない綺麗な肌を目指していきたいですよね。バスタイムにほんの少し意識して、ケアする時間を持つことできっと黒ずみを無くすことができると思います。あきらめずに原因を見直して嫌なお尻の黒ずみとおさらばしましょう。

ワキの黒ずみをなくすクリームはこちら