プチ整形?ボトックス

最近は多くの女性が美容に注目していて、美容分野も進歩しきれいになることにおいて様々な事が可能となってきました。そんな中でも、ボトックスと言えば女性の多くはシワ取りで耳にしたことがあるのではないでしょうか。

アラガン社の登録商標薬剤であるボトックスは、「A型ボツリヌス毒素」を薬剤にしたものです。ボツリヌス菌と聞くと食中毒でよく耳にし怖いイメージがありますが、使われるのはA型のタイプでボツリヌス菌の一部のタンパク質を抽出し、使用量も極少量で私たちの人体には全く影響のないものです。
このボツリヌス菌から抽出されたものが、筋肉の動きを抑制してくれる作用があるため、ボトックスは神経から放出され筋肉を動かす伝達物質をブロックすることができるのです。
このため、シワ取りにおいてはボトックスを注射することによってシワの原因となる表情筋の動きを鈍らす効果が得られるため使用します。またこのボトックス効果は筋肉を委縮されることから、シワ取りだけでなく顔のえらやふくらはぎの筋肉太り、小顔をつくることも可能となります。

このボトックスの効果は1日から2日で現れますが、永久的な持続効果がないため個人差はありますが、施術後数か月から半年の効果となります。
ですから効果の持続を希望する方にとっては、数か月に1度の割合で繰り返し治療しなくてはいけないというデメリットとなります。
しかし以前は顔面痙攣などの医療分野で使用されてきたのですが、現在は美容分野でも幅広く使用されるようになってきました。

ボトックスを使わなくて良いように普段から肌のお手入れを
乾燥肌にアクシリオ

ボトックスの注意点
現在ボトックスは美容分野で使用され多くの女性が耳にしたことがあると思いますが、ボトックスは食中毒でも知られるボツリヌス菌の一部のタンパク質を抽出し薬剤にしたものです。ボツリヌス菌には、筋肉の動きを抑制することからしわの原因となる表情筋の動きを抑制してくれる作用があるためボトックスとして使用されるようになりました。
筋肉の動きを抑制してくれるボトックスは、シワ取りだけでなく筋肉の委縮効果もあることからふくらはぎの筋肉太りや顔のえらなど小顔にするためにも使用されます。
このように美容分野や医療分野、整形分野においても幅広く使用されているボトックスですが副作用もあるので注意が必要です。
ボトックスの作用が筋肉を麻痺させたり、委縮させる治療法で行うことから注意点としては、妊娠中や授乳中の方、神経系や筋疾患の方、ボツリヌス菌で食中毒を起こした方においてはボトックスによる治療は避けたほうがいいでしょう。

一般的に副作用はないといわれるボトックスですが、筋肉の低下による影響で一時的な変化は見られるようで、ボトックス注射を顔のしわ取りで行った場合は、頬の筋肉がうまく動かずに顔が引きつる、不自然な笑い顔になるなどの副作用が見られるようです。
またふくらはぎにボトックス注射をした場合には、足がだるく疲れやすくなりもつれて歩きにくくなるような副作用がでる場合もあります。目の周りに注射した場合は、まぶたがたれてしまう状態になることもあります。しかしこれらの副作用は一時的なもので、2週間前後で解消されることがほとんどで、過剰に心配するような問題はないようです。