黒ずみ毛穴の特徴とケアの仕方

黒ずみ毛穴の特徴とはどんなものでしょうか?

毛穴の中に詰まっている古い角質や角栓が空気に触れ酸化することによって黒ずんでしまう状態の毛穴をいいます。
元々Tゾーンは皮脂分泌が活発なのですが、特に小鼻のまわりは油っぽくなりやすいのでほとんどの人が黒ずみ毛穴になりやすいのです。

さらに皮脂分泌が正常に行われない、過剰分泌の人は毛穴が汚れやすくなっています。不規則な生活をしていたり、バランスの良い食事を摂っていないと新陳代謝が乱れてしまい、肌のターンオーバーも上手くいかなくなります。
正常な肌のサイクルが行われていないと、皮脂分泌もおかしくなり毛穴に影響を与えてしまいます。

ではどんなケアをしていけば毛穴の汚れは改善していくのでしょうか?

勿論、ビタミンやミネラル、たんぱく質や脂質をしっかり摂り、睡眠時間を確保することも大切です。お肌の新陳代謝を促すには毎日の規則正しい生活習慣が影響します。

そしてお肌にはまず刺激を与え過ぎないようにします。剥がすタイプの毛穴パックや強力な洗浄力のあるもので洗ったりすると肌を傷めます。一日に何度も洗顔したり、ダブル洗顔のし過ぎもお肌には強過ぎるでしょう。

毛穴の汚れを掻き出してくれるような成分の石鹸などで、丁寧に正しく洗顔する必要があります。けして刺激を与えないように泡だけで洗い、優しく顔を包み込むようにして毎回洗うといいですね。炭やクレイパックなども角栓や古い角質を取り除いてくれるので効果的です。

洗い上がりは優しい素材のタオルなどで押し当てるようにふき、毛穴を引き締める効果のあるビタミンCを使った化粧品を使うのもいいですね。

また油っぽいからといって皮脂を過剰に取り過ぎるのもよくありません。
そうするとお肌が乾燥を防ごうとして、余計に皮脂を分泌してしまうからです。

そうすると毛穴はどんどん開いてしまい、汚れも溜まりやすくなってしまいます。適度に毛穴にも油分は必要になりますから、オイルやクリームを塗って皮脂バランスを整えましょう。

デリケートゾーン黒ずみ専用クリーム