赤いあせも、白いあせも

あせもと言っても炎症を起こしかゆみのある赤いあせもと炎症を起こしていない軽い症状の白いあせもがあります。
「水晶様汗疹」と言われる白いあせもは皮膚の角質層やそのすぐ下に汗が溜まり透明の玉のような1~2ミリの水疱が広範囲にできるもので、日焼けなどをした場合などに発症します。炎症を起こしていないため自覚症状もなく、皮膚を清潔にし涼しくしておけば数日で水疱が破れ自然に治ります。
「紅色汗疹」と言われる炎症を起こしかゆみを有する赤いあせもは、表皮内に汗が溜まり、小さな赤みのある湿疹から2~3ミリの大きさになるものもあります。
水や膿を含んだものもあり、小さい子供などは、かゆみがあるため掻いてしまい雑菌が入りとびひになったりと悪化させてしまう場合もあります。ひどくなってしまう前に早めに治療するほうがいいでしょう。
またこどもは知らず知らずに掻いてしまうので、手を清潔にし爪は短く切っておくといいですね。またあせもができないように、汗をかいたらこまめに汗をふきとり、着替えさせるなどの対策をしておくことが大切です。