明治時代のあせも対策

明治時代には、あせも治療として葛粉、ひき茶、小麦粉、薔麦粉、天瓜粉(天花粉)が使用されていたことが、江戸時代の育児書である「育嬰草」に記載されています。
ウリ科のキカラスウリ(天瓜)の根から採取した白いデンプンである天瓜粉はあせも治療にはもちろん、その他にも江戸時代から明治の初めにかけておしろいの代用品として使用されていました。
その後明治中期になると、シッカロールの有効成分である亜鉛華が使用されるようになり、亜鉛華澱粉が幅広く使われるようになったのは、明治後期になってからです。
そんな天瓜粉などの種々の粉をあせもの治療薬として普及させたのは、和光堂薬局を開設した弘田長博士で、東京帝国大学薬学科の丹波敬三教授と協力し、あせもやただれに対しより効果的なシッカロールを誕生させたのは、1906年(明治39年)のことでした。
このシッカロールが日常生活で徐々に普及しはじめたのは、1912年に「小児養育の心得」にシッカロールが紹介されてからになります。
それからお風呂あがりには、あせも予防としてシッカロールを使用する習慣ができ一般的に普及していきました。
この明治時代も江戸時代と同じく汗疹用としての粉などは売られておらず、シッカロールと共に、桃の葉やビワの葉、よもぎやどくだみなどを煎じあせもと治療薬として利用していたようです。