妊娠線の予防方法

21歳の妊娠9ヵ月初マタです。
妊娠9ヵ月ですが自己流の妊娠線予防のおかげで胸、お腹、お尻に目立った妊娠線は出来ていません!!!

ですが、腰周りに妊娠線が出来るとは知らずケアを怠っていたため腰周りにはうっすら妊娠線が出来てしまいました。

今回は私の自己流妊娠線予防体験を書いていきたいと思いす!!!
私が妊娠線を気にし始めたのは、少しお腹が出てき始めた4ヵ月の頃です。

この頃はお腹を触るとお腹が出ているのがわかる程度で、見た目ではさほど分からない頃から始めました。
私が始めた妊娠線のケア方法はお風呂上りに胸、お腹、背中、お尻、腰周りに化粧水をつけたあと保湿クリームを塗ると言った方法でした。

使った化粧水はハトムギエキス配合のミストウォーター、保湿クリームはニベアの青缶を使いました。
化粧水は普通の容器のものでも大丈夫ですが、私的にはミストウォーターの方がとても使いやすかったです。

特に背中当たりはお腹が出てくると届きにくいので、ミストウォーターでサーっとふるだけでも少しは違うかなと感じました!!!

保湿にはオイルの物も使ってみましたが、肌に服が引っ付く感じが気持ち悪く1度で使うのを辞めてしまいました。

その後、棚に眠っていたニベアの青缶を使ってみると肌に服が引っ付く気持ち悪い感じも少なかったので続けて使っていました。

塗る時は保湿クリームが厚くならないよう、薄く塗るように気をつけなくてはベタベタ感が強くなってしまいます。

2週間ほど続けて使ってみてケアをする前の肌と比べてみると、しっかり保湿されているな~と感じれるほど良かったです。

妊娠9ヵ月になった今とても思うことは、妊娠4ヶ月頃からこのケアを始めて良かったと思っています!!!
おかげで目立った妊娠線が出来ることもなく、妊娠前とさほど変わっていません。

ですが、知識不足で腰周りのケア不足でうっすら妊娠線が出来てしまったのが唯一の後悔です。
腰周りのケアもしっかり出来ていれば腰周りの妊娠線も無かったのでは…と思います。

これから妊娠線予防をしようと思っている方は、とにかく早めにケアをするようにした方がいいと思います!!!

あと、ここら辺は大丈夫だろうと思わず、なるべく隅々まで保湿クリームを塗る事をオススメします。
妊娠線予防で妊娠線を気にせず、楽しいマタニティーライフを過ごしてください!!!

妊娠線予防には保湿クリームがおすすめです