乾燥による肌トラブルやアトピーなど

乾燥肌は、かゆみなど様々な肌トラブルを誘発します。

 

肌内部に水分を保つ成分が体質的に少なく、また肌表面の皮脂が少ない人の肌の状態を乾燥肌と言います。

 

徳にかゆみは我慢することが出来ずにかきむしってしまい、その結果、皮膚の状態が悪化し更にかゆくなります。

そして、そこに細菌が入り込むと炎症が起き、「薬を使わなければ治らない」と言う事態になってしまいます。

 

乾燥肌で悩んでいない人は「掻かなきゃいいのに」と思われるかもしれませんが、我が家の「超」がつくほどの乾燥肌の夫と子どもたちに言わせると「そりゃ拷問だ」そうです。

可哀想なことに、掻いても掻かなくてもものすごい拷問なのです。

 

赤ちゃんや小さなお子さんはちょっと目を離したスキにカワイイお顔を爪で引っかいてしまったりします。

かゆみのない普通の肌の赤ちゃんが羨ましいです。

我が家の子達は三人ともそんな感じですので、手がかゆい箇所に行かないように、優しく手を持って踊ってみたりして意識をそらせ、かゆみを紛らわせるよう色々と工夫をして来ました。

 

そんな風にしていてもほんの一瞬でものすごい悪化しちゃうので、結局は皮膚科でステロイドを処方されてきます。

我が家の子どもたちはアトピーもちの乾燥肌なのですが、アトピーもちの乾燥肌はステロイドがすぐに効かなくなってしまうので、使うときにはよ~く観察しながら慎重に塗っていかなければなりません。

 

ものすごく大変ですが、遺伝性なのでしょうがありません。

我が家の子ども達の体質なのだからと割り切って、毎日乾燥肌ケアに励んでいます。

それに、一番つらいのは本人達ですしね。

同じ体質の子をお持ちのお母さん方、子供達の笑顔をご褒美にスキンケア頑張りましょうね~。

赤ちゃんの乾燥肌トラブル

赤ちゃんのカサカサ乾燥肌で皮膚科を受診すると、ワセリンを処方されることが多いようです。

赤ちゃんに限らず、わが家の夫も若い頃にカカトのひび割れで皮膚科を訪れるとワセリンを処方されたそうです。

主婦湿疹など手のひび割れにもワセリンがも処方されるようです。

 

でも、それで良くなったという話はあまり聞かず、「ワセリンでは治らなかった」という話を良く聞きます。

私も子どもの肌のことで悩むまでは、「ワセリン」については「そう言う名前の薬があるんだ」くらいにしか思っておらず、殆ど無関心でした。

でも、子どもの乾燥肌をキッカケにいろいろ調べ始め、子どもの体で実験や観察をしたりしていくうちに、その原因がわかり、それによって夫のカカトのひび割れまで治すことができました。

ずばり、乾燥肌に一番必要なのは「水分の補給」で、その状態を「ワセリン」で保護する事が大切だったのです。

水分がないと肌が回復できないので、「」ワセリン」だけを使っていたのでは治らないのも当たり前です。

昔のお医者さんがその事をわかっていたのかいなかったのか、それは今でもナゾですが。

 

今も3番目の子がアトピーなのですが、ステロイドを使用しないで良い時期に使うスキンケア用としてワセリンを処方されていますが、このワセリンだけを塗っているのでは乾燥肌のカサカサした感じは良くならないので、生協で購入したゲルクリームを塗って水分を十分補給してからワセリンを塗って保護しています。

この手入れのおかげで、薬を使う回数がとても少なくて済んでいるので、とても助かっています。

女性の乾燥肌やハリにコラーゲンサプリ