乳児のあせもの防ぎ方

乳児は体が小さく表面面積もかなり小さいにも関わらず、大人のエポクリン汗腺の数は大人と変わらないのです。ですから幼児の汗も多量なものになります。その上オムツをしたり、寝ていることも多い乳児は汗をかきやすくオムツなどで蒸れたりしてあせもができやすいのです。
乳児のあせもは冬でも暖房のかけすぎ、着せすぎなどで汗をかきあせもになる事もあるのです。まだ自分で体温調節もうまくできない乳児には、親がきちんと管理して予防してあげなければいけません。
夏は子供にとって快適に過ごせる環境を作ってあげるためにも、エアコンを使用することも考えましょう。身体に直接風が当たらないように気をつけたり、温度の下がり過ぎなどに気を付ければ問題ありません。
乳児は首周りや膝の裏など通気性が悪く、寝ている時など背中も布団にくっついているため通気性が悪く子供は寝ている時も大量の汗をかきます。ですから服も通気性が良いものや汗をよく吸収する綿100%などにし、こまめに着替えさせあせもの予防をしましょう。
汗をかいたら流してあげることも肌を清潔に保つのでいいのですが、必要以上のシャワーは皮膚をふやかし汗腺を詰まらせるので、よくありません。シャワーは一日3回までとし、石鹸を使うのは一回にしてあせもの部分はやさしく洗ってあげるようにしましょう。