お尻の黒ずみが気になってませんか?

黒ずみの悩みで一番人には言いにくく、恥ずかしいと思っているのがお尻の部位ではないでしょうか?なかなか一人で美容外科に行くこともできず悩んでいる方も多いと思います。
身体を毎日くまなく見ているわけではないですから、知らずのうちに気が付いたら黒ずんでいたという人がほとんどでしょう。

特に日本人の痩せぎみの人にお尻の黒ずみで悩んでいる人が多いと言われています。
お尻が薄く平らで肉が付いていないと、長時間座ったままでいると内側の骨が当たり、圧迫され続けることによって黒ずんでしまったりするのです。またよく床に座る生活も黒ずみを招きやすくなります。

欧米人に比べるとお尻がぺたんとしている日本人は多いですよね。他には摩擦などが考えられます。毎日通勤などで自転車に乗る人は、硬いサドルなどでお尻を少しずつでも刺激しているので黒ずみやすくなります。

他に下着の締め付けやむれ、摩擦も原因として考えられます。身体に合わないきつい下着を着用することも肌に刺激を与え、あせもや吹き出物を作りやすくさせてしまいます。その患部を掻いたりしてしまうと余計悪化して色素沈着したりしてしまいます。

また食生活も脂っこいものやジャンクフードばかり食べていると血液がどろどろして身体の代謝自体が悪くなります。そういったことから吹き出物が出ることもあります。身体にでき物が出来ると言うのは毒素が溜まっていたり、ホルモンバランスが崩れているという原因も考えられます。常日頃からお尻を常に清潔にして、圧迫したり、刺激、摩擦などを控えるようにしていきたいですね。

また毎日のバスタイムでもお尻のケアに気を使う事が大切です。
硬くごわごわしたナイロンのタオルやスポンジなどでお尻を洗うと、かなりの刺激を与えることになります。できれば柔らかい素材のタオルやスポンジで優しく洗うようにしましょう。肌が弱い人は必ずしもタオルを使わなくても大丈夫です。

石鹸をよく泡だてて、手で優しく泡を取りお尻を包み込むようにして洗うといいでしょう。どんな場合もけして力を入れずに洗う事が大事です。強くこすればこするほど、知らずの内に炎症を引き起こしたり、肌を守ろうとして角質がどんどん厚く硬くなってしまったりします。

間違ったお尻に刺激を与える悪い習慣に気付き、毎日の生活習慣を変えることで、黒ずみをある程度は自分で解消することはできるでしょう。

日本人は元々、あまりお尻のケアをしませんが、これからはバスタイムなどの時に鏡でよく観察したりして、黒ずみのない柔らかいお尻を保つように色々とやってみるといいですね。

時間をかければかけた分、お肌は応えてくれるものです。身体中、黒ずみのない綺麗な肌を目指していきたいですよね。バスタイムにほんの少し意識して、ケアする時間を持つことできっと黒ずみを無くすことができると思います。あきらめずに原因を見直して嫌なお尻の黒ずみとおさらばしましょう。

ワキの黒ずみをなくすクリームはこちら