あせも治療に桃の葉

タンニンやマグネシウム、カリウムなどの成分が含まれる桃の葉には、あせもなどの皮膚疾患の改善効果があるとして、古くから治療薬として使用されてきました。
現在は、桃の葉配合の商品もよくみかける事が出来るほど、多くのメーカーが桃の葉配合の商品を販売しています。
桃の木が珍しくなく簡単に手に入っていた古い時代には、あせもの治療に「桃の葉風呂」として乾燥させた桃の葉をお風呂に入れて使用していたようです。
陰干し乾燥させ煎じるだけで簡単に作ることができる桃の葉ローションは、桃の葉が手に入るのであれば家庭で気軽に作ることができ使用できるものです。
陰干しして乾燥させた桃の葉を煎じ、その煎じ汁を冷ましてローションとして使用できる桃の葉ローションはあせもの予防効果が高いことはよく知られていますが、肌荒れ、乾燥、アトピー性皮膚炎、日焼けなどにも効果があり使用することができます。
桃の葉ローションを家庭でつくった場合は防腐剤などが入っていないので冷蔵庫に保管して、5日程で使い切るようにしましょう。
また桃の葉を煎じたものは、ローションだけでなく入浴剤としても使用することができます。
桃の葉配合の商品は簡単に手に入り、あせもの改善効果だけでなく様々な肌トラブルに効果があり保湿効果も得られることから多くの人が使用されているのではないでしょうか。
しかし市販のものにはローションやクリームなどのタイプがありますが、アルコールが入ったものもありますので、あせもがひどい場合などにはしみたりするので選ぶ際には注意しましょう。