あせも治療にどくだみ

どくだみは古くからいろんな症状に効能があるとしてよく耳にしますよね。どくだみは「日本書紀」にも万病に効く薬草として記載されていて、古くから生活において利用されてきました。そんなどくだみはあせもに対しても効果があると言われています。
昔からどくだみの葉を乾燥させ煎じてお茶として飲むことで、利尿や便通、血圧症予防に効果があると言われ、火で焙り柔らかくした葉を貼っておくことで、化膿性の腫れものなどの膿を吸い出す効果があるとも言われます。
またあせもなどの湿疹の予防や治療に、どくだみの葉を乾燥させお風呂に入れると効果があるそうです。
どくだみは「十薬(重薬)」とも言われ、あせもや湿疹、傷、胃腸病、高血圧など何にでも効果があることからも「十薬」と言われる理由もわかりますね。
どくだみという名前の由来はいくつか説があり、「毒を矯める」「毒を止める」などの効果が由来であると言う説と、どくだみ特有の強い臭いから毒があるのではないかと言われ「毒溜」と言われるようになったという説や、毒や痛みなどに効果があることから「毒痛み」からどくだみと言われるようになったという説などがあります。
あせもやニキビ、吹き出物のような肌トラブルに加え、冷え性や生理不順、高血圧、腰痛などにも効果があるどくだみは現在、入浴剤やローションなどにも配合されています。
どくだみの葉を乾燥させたものを袋に入れ口をきつく縛り、水で煮だしたものをお風呂に入れると抗菌効果や消炎効果があり、あせもなどの予防に効果的です。