あせもの薬と使い方

あせもは白いあせもと赤いあせもがあり、症状の軽い白いあせもの場合は皮膚の炎症が起きていない状態です。赤くなってかゆみがあるようであれば、炎症を起こしています。
この白いあせもと赤いあせもでは治療法もかわってきます。
炎症のない白いあせもであれば、お風呂の後に皮膚を清潔に保ち、汗を抑えるローションをスキンケア用品として使用していれば自然に治ってしまうこともあります。
炎症を起こしてしまっている赤いあせもはかゆみも伴うため、汗などを洗い流して清潔にし、炎症を抑えかゆみを止める成分が配合された軟膏などを使用します。
あせもがひどくかゆみが激しい場合は、かゆみの原因でもある炎症細胞があせもの部位に集まるのを抑制してくれるステロイド配合の軟膏が効果的です。
あせもの薬にはすぐに乾いてベタベタすることのないローションタイプと、軟膏タイプがあります。広い範囲で使用する場合や首まわりの使用であれば、ベタベタせず衣服にくっつかないローションタイプがおすすめですが、あせもがひどい場合は軟膏タイプのほうがいいようです。
薬を塗布する場合は、肌が清潔な入浴後が最適です。しかし1日に数回使用する場合は、温かいタオルでやさしく肌を拭き薬を塗っていきます。
あせもを掻いて傷になっている場合は、雑菌が入らないように消毒し、化膿してしまっている場合は抗生物質入りの軟膏が効果的です。
あせもと言っても状態により、使用する薬も違ってくるので気をつけましょう。