あせものできやすい人

あせもができる原因は、汗を多くかくことや汗孔がふさがることです。この条件が揃うとあせもが発症します。
乳幼児や高温多湿の環境で働く人、アトピー皮膚炎の人があせもができやすくなります。
乳幼児は新陳代謝が良くたくさん汗をかきます。そのことに加え乳幼児の体は体表面積も大人と比較しても小さいのに、エポクリン腺の数は大人と変わらないので大量の汗となってしまいます。
そんなたくさんの汗をかく乳児はオムツを使用するためオムツの中は高温多湿の状態となり、寝転がって過ごす時間や抱かれて過ごす時間も多い事からあせもができやすい環境にあります。
また年中、高温多湿の環境で働く調理師などは季節に関わらず汗をくので汗疹ができやすいのは夏だけではないようです。
皮膚のダメージがあり汗孔の出口が詰まりやすくなっているアトピー性皮膚炎の人の多くがあせもができやすく、あせもが発症することで、もともとの皮膚炎も悪化しやすくなります。
また過度の日焼け後や急性疾患などでの発熱後などにも急にあせもができる場合があります。ですから汗をかきやすい環境にある場合は、汗をこまめに拭き取り皮膚を清潔に保っておくことがあせもを防ぐためにも大切です。