あせもに似た病気

汗が関わる皮膚の疾患はあせもだけでなく、あせもに似た皮膚疾患があります。
汗に含まれるアンモニアなどの成分が角質層の下にある組織を刺激し炎症を起こす「汗疹性湿疹」があります。この汗疹性湿疹は、首のしわなどの汗が溜まりやすく皮膚の弱い部位によくでき、汗孔の出口が丘疹状に盛り上がる症状です。
あせもの際できるポツポツとした症状とは違い、全体にザラザラし赤みがあり強いかゆみがある場合もあります。
この症状の原因もあせもと同じで、高温多湿や高熱による体温上昇による過剰な発汗によるもので、治療には、炎症を抑制する軟膏やステロイド剤の入った軟膏を使用します。
またあせもに似た症状で、手の平や足の裏などの皮膚の角質が厚い部分に水膨れや角層が剥げる症状の「汗疱」があります。この汗疱は、あせもの原因である体温や気温でかく汗などで起こるのではなく、緊張や季節の変わり目などに手の平や足の裏に多量の汗をかく多汗症の方に多くみられます。湿疹化すると赤くなりかゆみを伴い、治療としては皮膚を柔らかくする軟膏やステロイド剤を使用します。
この「汗疱」は多汗症が原因ですが、現在は多汗症の治療や手術も多く行われています。
このように「汗疹性湿疹」や「汗庖」はあせもの症状によく似ていますが、痛みなども伴う場合があるため、皮膚科を受診してみるといいですね。