あせもになってしまったら気を付けること

夏は高温多湿で、とても暑くすぐに汗をかいてしまいます。こまめに着替えたりして汗を拭きとっていてもあせもはちょっとした油断するとできてしまいます。
あせもが出来ないようにするためにも清潔にしておくことは必要ですが、あせもが出来た場合も肌を清潔にしておく事は大切です。そしてあせもでかゆみが出ても掻いてしまうと悪化してしまうこともあるので、爪は短く切り手をよく洗って清潔にしましょう。
あせもを掻き壊すと「汗疹性湿疹」や汗孔に黄色ブドウ球菌がつき感染をおこし膿庖となる「あせものより」になってしまいます。
またあせもを不潔な手や爪で掻いてしまうと傷口から雑菌が入り黄色ブドウ球菌が繁殖しとびひになることもあります。
このようにならないためにも清潔を心がけ、汗をかいたらこまめに汗を拭きとり、こまめに着替えるなどして悪化しないようにしなくてはいけません。
あせもができてしまったら、ベビーパウダーは使用しないようにしましょう。ベビーパウダーの役割はあせもができないように予防策として肌を乾燥させる効果を目的としますが、
あせもができてしまってからでは、汗孔を防ぐことになるのであせもを悪化させる原因にもなります。
あせもに効果のある外用薬は、カーマインローション、フェノール亜鉛華リニメントなどが市販薬としてありますが、使用してもよくならない場合は皮膚科の診察を受けることをおすすめします。