あせもとベビーパウダー

汗をかきやすく、すぐにあせもが出来てしまう赤ちゃんにベビーパウダーを使用される人も多いのではないでしょうか。
毎日お風呂に入れ清潔にし、こまめに着替えやオムツ替えをしているにも関わらず、あせもが出来ていることも多いですよね。また、出産前後の女性は肌が敏感となっていてかゆみがでることもあります。このような汗をかきやすい赤ちゃんや肌が敏感なお母さんなどにとっては肌をサラサラに保ち、汗疹を予防するのが一番です。
こんな場合には昔から使用されているベビーパウダーがおすすめなのです。
ベビーパウダーは入浴後の清潔な肌に全身にうっすらとつけてあげるのが最適です。
ベビーパウダーをつけると逆にあせもを悪化させるなどの声がありますが、正しい使用法であれば、あせもの予防効果は期待できます。
ベビーパウダーが肌の汗を吸収してくれ、水分や熱の放散を補助してくれるので、汗をかきやすい赤ちゃんの肌はサラサラの状態になり、あせもを予防してくれるのです。
しかしベビーパウダーのつけすぎは良くありません。つけすぎはあせもを悪化させたりすることもあるので、パフで軽く押さえるようにつけるか、パウダーを両手にとり、うっすら白くなる程度ですべらせるようにして付けてあげましょう。
またパウダーを塗布するパフは清潔にしておかなければいけません。雑菌などが繁殖してあせも以外の肌トラブルも起こす原因となるので、いつも清潔にしておきましょう。