あせもとアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の人は皮膚にダメージがあり汗孔の出口が詰まりやすくなっているため、あせもができやすいと言われています。
あせもになるとかゆみが伴うため、皮膚を傷つけもともとあった皮膚炎まで悪化させてしまうことがあります。掻いたところから雑菌が入りやすく、アトピー性皮膚炎の人は皮膚の抵抗力も弱い事からとびひなど悪化してしまう事も多いのです。
ですからアトピー性皮膚炎の人はなるべく予防してあせもが出来ないように気をつけなくてはいけません。
夏など汗をかきやすい時期や職業柄、汗をかきやすい環境の場合は汗を吸収しやすい綿100%などの衣類を着用するようにし、皮膚を清潔に保ち、なるべくエアコンなどで温度調節を行ってあせもができないよう予防しましょう。
皮膚の調子が良くなったと思っても普段使用している塗り薬やスキンケアはきちんと継続し治療しましょう。