あせもとは

子供から大人まで汗をかきやすくなってくると、あせもにかかりやすくなってきますよね。
あせもは、高温多湿の環境で長時間過ごした場合、激しい運動で大量の汗を短時間でかいた場合、発熱性の病気で大量に汗をかいた場合、ギブスをした場合、通気性の悪い衣服を着用した場合などが、原因として発生する事が多く、普段の日常生活で自然にでる汗が原因となるのではないのです。
人間は体温を調節するために、約200万~400万個のエクリン汗腺が皮膚の表面にあり、気温が高い場合や激しい運動などで体温が上がると、皮膚表面にある多くのエクリン汗腺で汗がつくられて、汗管という細い管を通り皮膚の上に汗を出します。
汗の通り道でもある汗管の出口や汗孔がほこりや垢などでふさがれてしまうと、汗管からでるはずの汗は出口がなくなり蒸発できなくなるのです。
このようにほこりや垢などで汗孔がふさがれ、皮膚の中にしみだした汗が行き場がなくなることで炎症を起こしてしまいます。
ですから、あせもの原因は汗を大量にかくこと、汗の出口がふさがれることによるもので、この二つの条件が揃うとあせもとなります。
また現在では、暖房などの影響から夏だけでなく、冬にもあせもを起こすことがあるようです。