あせもとあせものより

乳幼児などあせもができるとかゆみが伴うため、かきむしったりします。あせもを掻いて傷痕に黄色ブドウ球菌が繁殖することで、二次感染を起こしあせものより(乳児多発性汗腺膿瘍)になります。あせものよりは、あせもができている部位に赤く小さなしこりが出来、徐々に大きくなりぶよぶよになったり、その膿瘍から黄色い膿みが出たりします。
この感染によりリンパ節が腫れ、発熱したり、毛が抜けてしまったり、痛みを伴ったりするので、放っておかずに皮膚科を受診しましょう。
皮膚科でのあせものよりの治療としては、患部を切開し溜まった膿みを出しアクリノール亜鉛華単軟膏をぬり炎症を抑えます。また黄色ブドウ球菌を抑えるために抗生物質を服用することになります。
あせもをつくらないように予防できれば一番いいのですが、汗っかきの子供には、あせもは付きものと言える程出来てしまうので、あせもから二次感染し悪化してしまうのを防がなくてはいけません。汗をよく吸収してくれる綿100%の衣類を着用させ、肌を清潔にし汗をかいたらこまめに着替えるようにし、子供がかいて傷をつくらないように爪は短く切り、頭や顔、うなじなどによく出来るので髪は短くしたり、束ねるようにしましょう。
家庭においては、寝る際に氷枕をしたり、汗をかいた場合は乾いたタオルで拭いたり、部屋の温度や湿度に注意しておくことが必要です。